2007年08月30日

帰れる?☆彡




8月18日(土)


あんまり眠れてない日が続く。

朝、今頃チョロも起きたかな〜・・・
今日は昨日より痛みがとれてるだろうか・・・
ご飯は少しは食べれたかな〜・・・・・


一日の始まりがチョロのことで頭がいっぱい。

他の7天に、今日もチョロたんに会いに行ってくるからな〜♪
と、話しかける。


8天にとってチョロはやっぱりリーダーなんだろう。
「チョロ」という言葉に全員が反応する。


特にプリンはチョロと二人で過ごした時間が長いので、
いつもはご飯が終わると自分の好きな場所に寝に行くのだが、
何故かチョロの話をし出すと、目をランランとさせて聞いている。

プリンのあんなキラキラお目目は、ご飯絡みの時にしか見たことないよw




わんママも冷静さを取り戻してきたこの日、
チョロがヘルニアになって思う反省点が沢山出てきた。


高い所からの飛び降り、階段の上り下り、抱き方・・・・
チョロはよく2本立ちして、それを見て私達が可愛いあまりやめさせなかったこと。
数々の立てジャンプ。


数え切れないくらいの反省点。


8天ブログにも書いたが、何もしなくてもヘルニアになる子はいる。
朝起きて、伸びをしただけで発症する子もいるそうです。

でも予防していれば、防げたかもしれないヘルニアの発症。


さすがに自分を責めましたね。

まさかうちの子が!?という思い。
まさかではなく、こんなに近くにあり得る病気だったんです。


ダックスフンドは胴が長いから椎間板ヘルニアになりやすい。
それが一番の理由だと思っていたわんママ。


なんて無知だったんだ・・・。


ダックスは背骨の上にある膜のようなもの(ゼリー状のもの)神経の下にあるものですが、
それが他の犬種に比べ、きわめて薄いのです。

そうです。体質的にヘルニアになりやすいのです。
ダックスを飼っているのなら、最低限の知識は頭に入れておくことが大切だと思いました。


うちの子は胴が短いし、ヘルニアにはなりにくいのよ。
と、よく聞きますが、これは間違い。

胴が長くても短くても関係ありません。


だからと言って、必ずしも全員がなるわけではありません。

神経質になり過ぎる必要はありませんが、
気をつけるだけで予防できることもあると・・・・・。



私の言うことが全て正しいわけではありません。
ただ少しでも参考になればという願いを込めて書いております。





病院へ行き、チョロの様子を見てみると・・・・
昨日より元気はやっぱり取り戻していることに胸をなでおろしました。

ご飯もほんの少しだが食べたそうです。


そこで院長先生が、

「この子見る限り昼寝してへんねんけど、いつもこんなん?」


いやいや、チョロもしっかり昼寝する子です。

知らないところ・・・みんながいないところ・・・
パパも仕事中はチョロにかかりっきりにはなれない。

ただでさえ神経質なところがあるチョロ。

そうです。安心できていない為、夜は分かりませんが、
少なくとも昼間眠れない様子でした。


「わんパパもいるし、何かあった時は対処できるから連れて帰るか?」

と、院長先生のお言葉。

幸いご飯を少しずつでも食べれるようになり、
点滴もはずせている状態だったからです。



連れて帰りたい!


もちろんそう思いました。
でも・・・・

そう、でもうちには他にちび達が沢山いる。
意識的に危害を加えることはないが、無意識で身体が当たったり、
遊びに誘ったりしないか・・・?

不安がよぎりました。


そして一晩考え・・・・・

チョロにとって、最良の選択は?


パパとじっくり話し合い、結果・・・
一度連れて帰ることにしました。



8月19日(日)

チョロ少し早いが退院する。


わんママの不安・・・・

取り越し苦労に終わりました。


8天・・・全員状況を分かってる。


びっくりしました。
ほんとに・・・・・。


チョロが帰ってくると、それはもうみんな喜びました。
そしてとっても優しいのです。

チョロを囲んで、優しく接するちび達。

あの小麦さんさえ、フセ状態でチョロに近寄ります。


「分かるの!?」


チョロがヘルニアになってるということまでは理解できないかもしれません。
でも明らかにチョロの様子がいつもと違い、
今は優しくしなければいけないんだということが分かるのです。


不思議で・・・とても温かい光景でした。



これなら大丈夫。



チョロが帰ってきて、張り詰めていた気がすこ〜しだけ緩んだ日でした。


下半身の状態はというと・・・
今一つ回復が遅い。

深部疼痛は若干あるものの、なかなか出てこない。

尻尾もまだ振れない。


気が気でない日々が続きますが、
諦めず前をしっかり向いて頑張っていこうと、
チョロと約束をしたそんな温かい日になりました。




IMG_95721のコピー.jpg





人気blogランキングへ
    上
みんなのそばがやっぱり一番かわいい
 安心して治していこうねかわいい頑張るチョロにポチっ揺れるハートとエールをぴかぴか(新しい)











ニックネーム わんママ♪ at 00:09| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

チョロがいない夜・・☆彡




8月17日(金)


チョロがいない夜をもう2晩過ごした。


駄目・・・


わんママはチョロがいないと駄目。

どのちびがいなくても駄目。

1ちびいないだけで、とっても静かに感じる我が家。


寂しい・・・・・


でもチョロはもっと寂しい・・・痛い・・・心細い・・・・


正直眠れない日が続いてました。

絶対大丈夫だから・・・と自分にいい聞かせても、どうしても色々考えてしまう。


そうか、私はこんなにもちび達に支えられ、生きているんだ・・・


この子達と毎日を過ごす中、どこかで面倒を見てあげてる。
そういう思いがあった。

違う・・・

反対にこんなにもわんママの心の面倒を見てくれてたんだ・・・・


あなた達はとても尊い・・・・・



家に居る7天がわんママの顔を見る。

「どしたの?お顔が曇ってるよ。」
「ママの笑顔を見せて。」
「ほら、ママが参っちゃうとチョロたんが悲しむよ。」


そう、敏感に伝わる・・・。


駄目駄目!!と顔をパンパンと叩いて気をしっかり持つ。


さー、チョロに会いに行ってくるで!


相変わらず尻尾は振らない・・・

でも目の輝きが少し戻っていたチョロ。
ごはんは・・・食べない。
点滴が続く。


「どした〜?チョロ。ごはん食べてないやん!」
「あんた食べてくれんと、このフード高いねんw」


そんな会話をしながらチョロを抱き・・・

するとブリブリブリぃ〜〜。

チョロたん、わんママのジーンズに見事にウン○漏らすフン


「食べてなくてもウン○は出るんか〜w」


気張る力もないチョロ。
排尿、排便は意識なく出るようだ。



でもちっとも汚くない。素手でチョロの尻尾についたウン○を取るわんママ。

「気持ち悪いな〜チョロ。でも今だけやからな〜。」

そんな何気ない会話がチョロには心地よさそうだった。


いつの間にかわんママのコンプレックスだったアニメ声は、
チョロにとって癒しの声になってたようだ(ちょっと嬉しい)


ここで排尿についてだが、便は自然に押し出され出るらしいが、
排尿については自然に出ない子もいます。

そういう症状の子は時間を見て絞ってあげないと、
膀胱炎になったり、他の病気を併発してしまうので注意が必要です。

チョロは幸い尿も勝手に出るようなので、その心配はありませんでした。




この日、針治療に立ち合う。


背骨の所に2本。後足の付け根に2本。
とても細い針だが、刺さってる姿は痛そう・・・・
でも細過ぎて痛くはないらしいが・・・・・

そして電流が流れ、チョロの身体が小刻みに揺れる。


まだ痛みがあるのでチョロにとっては辛い。
情けな〜い顔をしてわんママの顔を見るチョロ。


足は相変わらずブランブラン。
深部疼痛はほんとに若干だが出てる。


大丈夫・・・きっと大丈夫・・・・と、自分に言い聞かせるように
チョロに話しかけました。


手術は歩けるようになるか、一生歩けないかに分かれてしまう。

薬でコントロールしていく方法とは違い、患部を取り除くので完治することにはなるのだが・・・
(薬療法は治るというものではなく、症状を抑えるということ)


リスクは高いが、神経を圧迫していたものは今はない状態のチョロ。

でも一度神経を痛めると、回復するのに時間がかかるのです。
だから今後のリハビリが大切になってくる。


きっと克服できる。だってこの子は8頭のちび天使達☆彡だから!!


チョロも頑張る。そしてわんママもパパも頑張る。他の8天達も頑張る。

みんなの力が重なりあって、きっと良くなると・・・・


心の底から信じていますぴかぴか(新しい)




2ワールド牧場 4271のコピー.jpg





    人気blogランキングへ
         上
  全員の力を合わせれば、小さな力も大きな力に・・・
  そして大きな希望に変わります。
  今日もポチっ揺れるハートと応援宜しくお願いしますぴかぴか(新しい)






ニックネーム わんママ♪ at 22:29| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

術後次の日☆彡


8月16日(木)


オペを前日の夜にしたチョロの面会に行く。

この日は病院が休みだったので、パパに連れてってもらうことにしました。


不安でドキドキした心で病院に向かうわんママ。

チョロは大丈夫だろうか・・・


病室に行ってみると、ICUに入っていたチョロ。


「チョロ!ママやで!!」


瞳にいっぱいに涙をためて・・・

精一杯身体を動かそうとし、こっちを見るチョロ。


お尻尾は振らない・・・
と、いうよりも振れないのです。

下半身が麻痺状態の為、振りたくても振れない尻尾。
本人は振ってるつもりでも動かない尻尾。

ただただ、前足を精一杯動かし、

「ママ!ママーー!!」って・・・・・



連れて帰りたい・・・・

そんな思いを押し殺し・・・・

よく頑張ったね。
痛かったね。辛かったね。
大丈夫やで・・・と話しかけるわんママ。


ご飯も食べれず、水も飲めず・・・
チョロは小さい腕に点滴をしたままでした。

背中の傷は11針。
パパは先生だから見慣れている傷でも、わんママにとっては・・・


パパはチョロを出してくれました。
そお〜と・・そ〜っと・・・


一生懸命わんママの顔を舐めるチョロ。


「いいねんで。そんなに首動かしたら痛いやろ?」


涙が出て止まりませんでした・・・。



優しく抱っこしたチョロの身体は、明らかに軽くなってました。

元々太り気味だったチョロです。
痩せなければならないのは分かってたんですが、
こうも急に軽くなってしまうと、なんだかとっても辛くて・・・



そのままパパがレーザー治療をしてくれたんですが、
痛くない治療とは言え、体勢を固定しなければならないので
とても辛そうなチョロ。


「今日はもう、やめてあげて・・・」


そう言いました。


毛艶もなくなり、表情も生き生きとしていない・・・


手術の次の日だから仕方ないのは分かるんですが、
とても見ていられない姿でした。

でも目を背けてはいけません。
目を背けるということは、その時のチョロを認めてやれないということ。

そしてわんママが悲しそうにすれば、それは必ずチョロに伝わる。
だから・・・


だからわんママも精一杯の笑顔をチョロに見せました。


「だ〜いじょうぶ!なあ、チョロ。こんくらいすぐ治るで!」


その言葉を懸命に聞いてるチョロ。
少しは安心してくれたのかな・・・・



診察がない分、長い時間チョロと一緒にいました。
膝の上で眠るチョロ。

ゆっくりゆっくり頭を撫でてると、
元気に走り回るチョロの姿が目に浮かぶんですよね。

絶対・・・絶対に歩けるようになる!!
また走れるようになる!!

そう自分にいい聞かせながら、ずっとチョロを撫でていました。


実際この日のチョロの状態は、厳しいものでした。
手術をして次の日に元気がないのは当たり前ですが、
後足の反応がほとんどない・・・

パパももう少し深部疼痛が強くなっているかと思ったけど・・と。


でもまだまだこれからです。
絶対に諦めない!

そう思いながらチョロをもとの場所へ移し、

「また午後も来るよ」

と、また瞳いっぱいに涙をためるチョロをおいて、病院を後にしました。



そして午後・・・


病院に行くと、声にならない声で(かすれていた)わんママを呼ぶチョロ。

状態は・・・・

午前中よりかは深部疼痛が少しでてきてる。


ほ〜〜・・・と、深い息を吐きました。

もし午後になって、深部疼痛がなくなっていたら・・・
そんな不安があったから・・・


そしてまたチョロを膝の上に乗せ、ずーっと撫でていました。


帰る時・・・

チョロがじっとわんママの目を見て・・・


「ねえママ?僕おかしいねん。足動かへんねん・・・ なんで?

 ママ・・・お家に帰ろう・・・・」


そう聞こえてくるようでした。


できれば病院に泊まりたい。でも無理。


必死で泣くのを堪えて、その日は帰ってきました。




IMG_02531のコピー.jpg




人気blogランキングへ
上
チョロの回復を信じて・・ポチっ揺れるハートと応援宜しくお願いします犬(足)


ニックネーム わんママ♪ at 23:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

発症〜そして・・☆彡



8月14日、午後10時30分頃・・・

8天達は夜ごはんを食べ、思い思いにくつろいでいました。


そんな中、チョロがソファの下からこっちを見ていたので、
どうした?抱っこ?

と、抱き上げました。


するとフギっと、小さな声をあげた。

気にするような声ではなかったので、そのまま抱き上げ
普通に接し、床に下ろしたところ・・・・


背中を丸くし、小刻みに震えながら立っている。


「チョロ?どした?」


チョロはその時点ではまだ歩ける状態で、ヨタヨタとこっちに寄って来る。


「足痛いの?」

その時はそう思った。まさか椎間板に異常が出てるなんて思いもしなかった。
でもあまりに変なので、

「パパ、チョロが変!!」

と、パパに伝えた。


パパは一瞬にして青ざめる・・・

すぐに身体検査。
背中を押して行き、ナックリング(CP)検査。深部疼痛検査。etc・・・


ナックリング・・・踏み直り運動とも言うが、
足首をバレリーナ立ちさせて、自分の意思で元に戻そうとするなら正常。

だがそのままの状態であるなら、明らかに異常。


IMG_42261のコピー.jpg

この状態から・・・



IMG_42251のコピー.jpg

この状態へすぐに戻らない場合異常。


深部疼痛があるか?

IMG_42321.png

足の裏、肉球の間の肉をぎゅーっとつねる。
正常ならかなり痛みが走るので、顔を持っていったり、足を引いてかばったり・・・
時には声をあげて痛がることも。

異常なら、つねっても反応がない。
または、反応が鈍い。



結果・・・
体位反応、CP(神経的に問題があるか否かを調べる)の異常、
深部疼痛(足裏を触り、痛みがあるかどうかを調べる)は軽ろうじてしかない。


パパは顔を雲らせながら、ヘルニアだと・・・


わんママは一瞬時が止まってしまった。
その言葉を受け入れることができず、嘘。違う。何かの間違いや。

頭の中がぐるぐるになって・・・

そんな中チョロはどんどん歩けなくなって行く。


ヘルニア発症とされた時、すぐにステロイドで対処すると、
ヘルニア自体が治る訳ではないが、目まぐるしい回復を見せることがある。

この場合は手術なしで、薬でコントロールしていく治療法もあります。

一番いいのは、コハク酸メチルプレゾニゾロンという水溶性のステロイドを注射するのですが、
もちろん家に注射はありません。

なので、前に皮膚の治療で使ったステロイド剤が残っていたので、
すぐにチョロに投与しました。

これで朝まで様子を見て少しの回復、
もしくは現状維持ができているなら、手術は免れるかもとのこと。

でも・・・・

チョロは朝になるに連れてどんどん歩けなくなり、深部疼痛もほとんどなくなってきてました。

排尿排便は軽ろうじてできるが、どちらかというと勝手に出る・・
垂れ流し状態でした。

寝たいけど、フセの体制がとれないらしく、辛そうにしている姿は何とも言えなかったです。

チョロの場合、パパが獣医なので対処の仕方がありましたが、
もし皆さんのワンちゃんに異常が見られたら、すぐに病院に連れて行くことをお勧めします。

ヘルニアは早期発見早期治療が一番です。
もし手術するなら、発症してから24時間以内と言われてるくらいです。
遅ければ遅いほど歩けるようになる確率も低くなってきます。



朝一番でパパの病院へ連れて行き、即MRI検査。

結果、第12胸椎と第13胸椎の間の椎間板が飛び出てる状態。
グレードが1〜5まである中、チョロの場合はグレード3。

すぐに手術が必要と判断されました。


8月15日(水)チョロ入院。
院長先生執刀、パパ助手で無事手術が終わる。


チョロのいない初めての夜・・・
わんママは心配で眠れませんでした。



IMG_94771のコピー.jpg







ニックネーム わんママ♪ at 12:27| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

はじめに☆彡



ヘルニア1.gif




どんな犬種であっても椎間板ヘルニアを起こします。
犬種における椎間板ヘルニアの発生頻度を調べると
スタンダードとミニチュアダックスフンドが最も危険性が高く
次いでペキニーズという結果でした。

ダックスフンドのおよそ4匹に1匹は
一生の間に椎間板に関連した障害を発症すると言われています。

椎間板傷害の徴候は
どの椎間板がどの程度の損傷を受けるかによっても
どの神経系がどの程度の影響を受けるか
によっても随分違ってきます。

犬は四つ足で歩くので歩行の衝撃は背骨に対して直角に加わります。
少し高いところから犬が飛び降り前足から着地すると
衝撃のほとんどが背骨に沿って伝わるので
個々の椎間板に非常に大きな力がかかってしまいます。
そのため、非常にヘルニアを起こしやすいのです。

その上
”動きの制限されている胸椎(きょうつい)”と
”制限の少ない腰椎(ようつい)”
のつなぎ目でねじる力は最も大きくなります。
それゆえ
最も椎間板ヘルニアを発症しやすいのは胸椎と腰椎の接続部分
ということになります。
そこでは、突出した椎間板によって脊髄が圧迫されます。

このような犬の胸腰椎の解剖学的な特徴から
単に足の痛みだけでなく更に悪い症状(下半身の麻痺)が考えられます。
残念ながら、脊髄損傷による犬の後肢の完全な麻痺はよく見られます。


〜犬の椎間板疾患(椎間板ヘルニア)〜 より抜粋





わんママ家の最初のちび天使となったチョロ。
とってもやんちゃんだったチョロ。
その陽気な性格はわんママ始め、家族の笑顔を絶やさない存在となった。

小さい身体で8天のリーダーシップをとるチョロは、とても賢く
人間の言葉をよく理解しようとする。
どんな状況も把握してしまうその性格・・・

そのチョロが急に椎間板ヘルニアを発症した。


今ヘルニアの後遺症で苦しんでるワンちゃん、その飼い主さん・・・
そしてワンちゃんを飼っている全ての飼い主さんへ・・・・

この日記が少しでも役に立てばと思い、
チョロが歩けるようになるまでを少しずつ綴っていこうと思います。


パパが獣医とは言え、わんママ自身は何の知識もありません。
毎日試行錯誤しながらヘルニアと戦う日々を見て頂けたら幸いです。



IMG_95861のコピー.jpg


ニックネーム わんママ♪ at 16:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする