2007年08月28日

チョロがいない夜・・☆彡




8月17日(金)


チョロがいない夜をもう2晩過ごした。


駄目・・・


わんママはチョロがいないと駄目。

どのちびがいなくても駄目。

1ちびいないだけで、とっても静かに感じる我が家。


寂しい・・・・・


でもチョロはもっと寂しい・・・痛い・・・心細い・・・・


正直眠れない日が続いてました。

絶対大丈夫だから・・・と自分にいい聞かせても、どうしても色々考えてしまう。


そうか、私はこんなにもちび達に支えられ、生きているんだ・・・


この子達と毎日を過ごす中、どこかで面倒を見てあげてる。
そういう思いがあった。

違う・・・

反対にこんなにもわんママの心の面倒を見てくれてたんだ・・・・


あなた達はとても尊い・・・・・



家に居る7天がわんママの顔を見る。

「どしたの?お顔が曇ってるよ。」
「ママの笑顔を見せて。」
「ほら、ママが参っちゃうとチョロたんが悲しむよ。」


そう、敏感に伝わる・・・。


駄目駄目!!と顔をパンパンと叩いて気をしっかり持つ。


さー、チョロに会いに行ってくるで!


相変わらず尻尾は振らない・・・

でも目の輝きが少し戻っていたチョロ。
ごはんは・・・食べない。
点滴が続く。


「どした〜?チョロ。ごはん食べてないやん!」
「あんた食べてくれんと、このフード高いねんw」


そんな会話をしながらチョロを抱き・・・

するとブリブリブリぃ〜〜。

チョロたん、わんママのジーンズに見事にウン○漏らすフン


「食べてなくてもウン○は出るんか〜w」


気張る力もないチョロ。
排尿、排便は意識なく出るようだ。



でもちっとも汚くない。素手でチョロの尻尾についたウン○を取るわんママ。

「気持ち悪いな〜チョロ。でも今だけやからな〜。」

そんな何気ない会話がチョロには心地よさそうだった。


いつの間にかわんママのコンプレックスだったアニメ声は、
チョロにとって癒しの声になってたようだ(ちょっと嬉しい)


ここで排尿についてだが、便は自然に押し出され出るらしいが、
排尿については自然に出ない子もいます。

そういう症状の子は時間を見て絞ってあげないと、
膀胱炎になったり、他の病気を併発してしまうので注意が必要です。

チョロは幸い尿も勝手に出るようなので、その心配はありませんでした。




この日、針治療に立ち合う。


背骨の所に2本。後足の付け根に2本。
とても細い針だが、刺さってる姿は痛そう・・・・
でも細過ぎて痛くはないらしいが・・・・・

そして電流が流れ、チョロの身体が小刻みに揺れる。


まだ痛みがあるのでチョロにとっては辛い。
情けな〜い顔をしてわんママの顔を見るチョロ。


足は相変わらずブランブラン。
深部疼痛はほんとに若干だが出てる。


大丈夫・・・きっと大丈夫・・・・と、自分に言い聞かせるように
チョロに話しかけました。


手術は歩けるようになるか、一生歩けないかに分かれてしまう。

薬でコントロールしていく方法とは違い、患部を取り除くので完治することにはなるのだが・・・
(薬療法は治るというものではなく、症状を抑えるということ)


リスクは高いが、神経を圧迫していたものは今はない状態のチョロ。

でも一度神経を痛めると、回復するのに時間がかかるのです。
だから今後のリハビリが大切になってくる。


きっと克服できる。だってこの子は8頭のちび天使達☆彡だから!!


チョロも頑張る。そしてわんママもパパも頑張る。他の8天達も頑張る。

みんなの力が重なりあって、きっと良くなると・・・・


心の底から信じていますぴかぴか(新しい)




2ワールド牧場 4271のコピー.jpg





    人気blogランキングへ
         上
  全員の力を合わせれば、小さな力も大きな力に・・・
  そして大きな希望に変わります。
  今日もポチっ揺れるハートと応援宜しくお願いしますぴかぴか(新しい)






ニックネーム わんママ♪ at 22:29| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はやく よくなりますように・・・

お祈りします。
Posted by ままん at 2007年08月28日 22:45
ホント、泣けます。
絶対良くなる!私も、そう信じています。
Posted by marry at 2007年08月28日 22:50
毎日読んで、頑張ってねという言葉しか言えないけどホントに頑張って欲しいパンチ
わんママさんの心配がすごく伝わってきますもうやだ〜(悲しい顔)
私たちも犬(笑)たちからも愛や癒しやたくさんもらってるねぴかぴか(新しい)
犬(笑)も本当に家族なんだもんねグッド(上向き矢印)
Posted by yon-gon at 2007年08月28日 23:26
ワンを飼っている・・・
それ以上に、ワンに支えてもらっている!
私も、そう感じます。

チョロ君、絶対歩けるようになるんだよ!
大好きなママの為にもね^^v
Posted by アンジュママ at 2007年08月28日 23:31
わんママさんが悲しんでいたら、
チョロ君も悲しむもんね!
笑顔が一番だよ♪

毎日一緒に寝てるのに…離れて寝るなんて、
辛いよね。
気配とか、匂いとか…コッチが安心させてもらってることに気付くよね。
Posted by ikko(チョッパー) at 2007年08月29日 00:45
眠れない気持ち、すごく良く分かりますよ。
だって、心配ですもんね。
オウチに戻ってきても、動くたびに、目が覚めてるんじゃないですか?
この前の写真で、お布団がゲージの横に敷いてあったから、わんママ、ここで寝てるんだろうな〜って思ってました。
でもわんママ、わんママが元気でいなきゃ、チョロさんのリハビリも出来ないし、
なにより、たくさんの天使ちゃん達がわんママの笑顔を待っていますよ。
お体大切に、体調崩さないでくださいね!
Posted by みーちゃん at 2007年08月29日 01:44
位置情報今日も頑張りましょうグッド(上向き矢印)
チョロくんもわんママの顔が見られて
元気をもらうハートたち(複数ハート)
わんママもチョロくんに会ってわーい(嬉しい顔)
絶対に治りますよ
ご主人がいるじゃないですかexclamation
わんママさん悲しまないで
今が我慢の時ですよるんるん 
Posted by tagutagu at 2007年08月29日 12:27
わかります、、、誰がかけても駄目なんですよね、、
うちも10ワンいて、、当たり前なんです。
だからアロハが一晩入院したとき、私のベッドから見える空っぽのアロハのケージをずーっと見て、一睡も出来ませんでした、、
まわりの8ワンがすごく心配そうにしてくれたことも思い出します、、、
がんばって!としか言えないけれど、きっと良くなるって信じています。
お体に気をつけて、がんばってくださいね!
何かお力になれることがあったら何でもおっしゃってくださいね!
Posted by furi2five at 2007年08月29日 12:29
わんママさん
笑ってるんるん笑ってるんるん
それが一番大事だと思うし
チョロくんも
リハビリに針治療頑張れるんじゃないかなGood




Posted by あーこ at 2007年08月29日 14:05
初めましてわんままさん♪ Marryの姉です♪いつも、わんままさんの8天のブログを楽しみに読んでました(o~-')b 私はPcを持ってないから、ブログ見るのもコメントするのも、携帯です…
チョロ君のヘルニアには、すごくショックを受けました…ウチの実家…のオケちゃんも、もう、まともに歩けないのを何度も見てるから(;_;)
ウチも、7歳になるビーグルを飼っていて、今年、6月に心臓病で倒れました(ToT)
ずっと元気だったのに、あまりに突然でワァ〜ワァ〜泣き叫びました(>_<)今は、心臓病の薬を飲んで、元気です(*^_^*)
きっと、わんままさんも、チョロ君のあまりの突然さ…に、きっと私と同じに、泣き叫びたかったと思います(∋_∈)
でも、ウチには、パヒヨンと2匹の子ニャンコも居ます(^O^)私も動物大好きで、みんな大切な家族(*^_^*)
本当にわんままさん大好きです(^O^) 直接お話ししたいぐらい(≧ω≦)b
またコメントは入れていきますっ♪
長々……になってしまいました(^。^;)
Posted by マリ〜のねぇちゃん at 2007年08月29日 14:08
そうだよね!
ほんと育ててる、面倒見てるといいながら、我が子が側にいないと寂しくて仕方がなくて、どんなに自分が支えられてるかわかるよね〜・・・・・

でもわんママには他にちび達が周りにいて、慰めてくれるんだね・・・
みんなちゃんとわかってるんだな〜。
わんママの声かわいくて好きだよ〜!
Posted by irori at 2007年08月29日 18:19
初めまして、みーちゃんのブログから、チョロちゃんのことを知り、訪問させてもらいました。
読んでいて、こちらまで涙が出てしまいました。
チョロちゃん、わんママさん頑張って!!
きっと、きっと、歩けるように走れるようになると信じて・・グッド(上向き矢印)
我が家にも、ロイという名のミニチュアダックスフンドがいます。
やはり、今までに2回突然、歩けなくなって心配しました。
もちろん病院にすぐ連れて行き、ヘルニアではないと言われたんですが、抱っこすれば痛がるし、体は震えてるしで、とっても不安な毎日を過ごしました。
ロイは1週間ハウスに入ったまま出てこようとしませんでした。
幸いに、ご飯は食べてくれたので、それだけが救いでしたが、今思えばウンチをする体勢も、辛そうだった気がします。
2回目はつい最近で、立ったまま体を震わせて、触られるのを嫌がり、呼ぶとどんどん離れて行って、隅っこでジッとしていたのです。2日ぐらいでその状態は治まったので、ホッとしていますが、
お散歩には、あまり行きたがりません。そんなロイです。
すみませんロイの事ばかり、話してしまいました。
ここは、田舎なのであまり設備の整った病院がなくて、ちょっと不安に思っていたところだったんです。
わんママさんのブログはとても参考になりました。
ロイなんかより10倍も辛い思いをしているチョロちゃん、少しづつ少しづつ回復していく事を、遠い秋田からロイと共に祈ってます。
又、訪問させて下さい
Posted by ダックス at 2007年08月29日 22:30
彩ちは、ひょんな事からラッシ−に出会い、今では2ワンになりました犬(笑)クマ
かけがえのない存在黒ハート
とても大切です犬(笑)

わんママ♪さんの大切なチョロ君が、早くよくなりますように四葉
Posted by 彩ち at 2007年08月29日 23:06
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1047764

この記事へのトラックバック