2007年09月13日

自分が好きと言えること☆彡


9月10日(月)



チョロの状態はとても安定してきました。


歩き方はまだまだ元には戻らないけど、歩こうとする意欲が強いのか、
踏ん張って歩こうとする。


そしてみんなと一緒に行動するチョロがいます。



傷自体はもうすっかり大丈夫な状態で、
高いところから落としたりしない限りは普通に生活していいとのこと。


なので、普段はゲージに入ってることが多かったチョロも、
部屋の中でみんなと一緒に過ごしていますぴかぴか(新しい)




ヘルニアを発症した時は体重が5.7キロあったチョロ。
今は5.1キロです。

少し太り気味だったので、今はちょうどいい体重です。

ヘルニアに肥満は大敵なので、この体重をキープしていかないといけません。

もちろん激しい運動はできないので、今の減量方法は食事管理になります。

おやつも欲しいだろうけど、控えている今。
たまにすこ〜しあげると、やっぱりすごく喜びますかわいい

おしっこをシートまで行ってできた時に、頑張ったご褒美にパクリ♪
その時の嬉しそうな顔ったら・・・w


また水泳のリハビリも考えてるので、その時はおやつももっと食べれるかな〜?って思っています。




9月11日(火)



先日2回目の注射を打ったんですが、やっぱりチョロには効くようです。

ほんとによく歩く!


外に出して歩かせると、嬉しいから余計に足取りも軽やかに・・・・ぴかぴか(新しい)


時折もつれるものの、こんなに早い回復をするとは思ってもみませんでした。


でも院長先生が言ってたんですが、ほんとはもっと早い回復を見込んでたと・・・・

発見も早く、的確な処置。更に24時間以内の手術。
これだけ揃っていると、だいたいの子はすぐに歩けるようになるらしい・・・

これは今までの症例でとのことなので、もちろんみんながみんなそうだとは限りませんが・・・・

とすると、考えられるのはよほど強く神経を痛めたということです。


もしかするとこの子は発見が遅く、手術が24時間以内でなかったら、
歩くことはできなくなってたかもしれないと・・・


ぞっとしました・・・・


でも今チョロは大地を踏みしめ、お尻尾をブンブン振り、しっかり歩こうとしていますぴかぴか(新しい)


よく頑張ったねぴかぴか(新しい)



わんママも過去に病気をしたことがあります。

その時、私は病気が思うように治らなくて、自暴自棄になりました。


そうです。病気を受け入れることができなかったのです。
そしてその時の自分が嫌いでした。

心が病んでしまっている自分がいました。


でもチョロは・・・・・

小さい体で一心に病気と向き合ってるではありませんか。

あなたはなんて偉いの・・・・・?


動物は人間と違って、きちんと今の状態を受け入れます。
理屈では分からないからかもしれません。
でもひょっとしたら分かっていて、尚受け止めてるのかもしれません。

すべて人間の解釈になってしまいますが、
解釈できないことを動物達は持ってるのかもしれませんねかわいい






チョロのことを心配してくれていた友人に会いに行きました。


チョロはその人のことが小さい頃から大好きでたまらないんですぴかぴか(新しい)




IMG_51911のコピー.jpg


元気な顔を見て貰おうねぴかぴか(新しい)







IMG_51941のコピー.jpg



心配そうな友人の顔をじっと見るチョロ。








IMG_51981のコピー.jpg



病気である自分を好きと言える勇気・・・・

わんママもそんな自分でいたいと思いますかわいい



   bana.jpg
       上
 そう思えるように導いてくれるチョロ。
 ありがとうぴかぴか(新しい)
 今日も頑張って歩くチョロに、ポチっ揺れるハートと応援宜しくお願いしますぴかぴか(新しい)



ニックネーム わんママ♪ at 02:19| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする