2007年08月28日

チョロがいない夜・・☆彡




8月17日(金)


チョロがいない夜をもう2晩過ごした。


駄目・・・


わんママはチョロがいないと駄目。

どのちびがいなくても駄目。

1ちびいないだけで、とっても静かに感じる我が家。


寂しい・・・・・


でもチョロはもっと寂しい・・・痛い・・・心細い・・・・


正直眠れない日が続いてました。

絶対大丈夫だから・・・と自分にいい聞かせても、どうしても色々考えてしまう。


そうか、私はこんなにもちび達に支えられ、生きているんだ・・・


この子達と毎日を過ごす中、どこかで面倒を見てあげてる。
そういう思いがあった。

違う・・・

反対にこんなにもわんママの心の面倒を見てくれてたんだ・・・・


あなた達はとても尊い・・・・・



家に居る7天がわんママの顔を見る。

「どしたの?お顔が曇ってるよ。」
「ママの笑顔を見せて。」
「ほら、ママが参っちゃうとチョロたんが悲しむよ。」


そう、敏感に伝わる・・・。


駄目駄目!!と顔をパンパンと叩いて気をしっかり持つ。


さー、チョロに会いに行ってくるで!


相変わらず尻尾は振らない・・・

でも目の輝きが少し戻っていたチョロ。
ごはんは・・・食べない。
点滴が続く。


「どした〜?チョロ。ごはん食べてないやん!」
「あんた食べてくれんと、このフード高いねんw」


そんな会話をしながらチョロを抱き・・・

するとブリブリブリぃ〜〜。

チョロたん、わんママのジーンズに見事にウン○漏らすフン


「食べてなくてもウン○は出るんか〜w」


気張る力もないチョロ。
排尿、排便は意識なく出るようだ。



でもちっとも汚くない。素手でチョロの尻尾についたウン○を取るわんママ。

「気持ち悪いな〜チョロ。でも今だけやからな〜。」

そんな何気ない会話がチョロには心地よさそうだった。


いつの間にかわんママのコンプレックスだったアニメ声は、
チョロにとって癒しの声になってたようだ(ちょっと嬉しい)


ここで排尿についてだが、便は自然に押し出され出るらしいが、
排尿については自然に出ない子もいます。

そういう症状の子は時間を見て絞ってあげないと、
膀胱炎になったり、他の病気を併発してしまうので注意が必要です。

チョロは幸い尿も勝手に出るようなので、その心配はありませんでした。




この日、針治療に立ち合う。


背骨の所に2本。後足の付け根に2本。
とても細い針だが、刺さってる姿は痛そう・・・・
でも細過ぎて痛くはないらしいが・・・・・

そして電流が流れ、チョロの身体が小刻みに揺れる。


まだ痛みがあるのでチョロにとっては辛い。
情けな〜い顔をしてわんママの顔を見るチョロ。


足は相変わらずブランブラン。
深部疼痛はほんとに若干だが出てる。


大丈夫・・・きっと大丈夫・・・・と、自分に言い聞かせるように
チョロに話しかけました。


手術は歩けるようになるか、一生歩けないかに分かれてしまう。

薬でコントロールしていく方法とは違い、患部を取り除くので完治することにはなるのだが・・・
(薬療法は治るというものではなく、症状を抑えるということ)


リスクは高いが、神経を圧迫していたものは今はない状態のチョロ。

でも一度神経を痛めると、回復するのに時間がかかるのです。
だから今後のリハビリが大切になってくる。


きっと克服できる。だってこの子は8頭のちび天使達☆彡だから!!


チョロも頑張る。そしてわんママもパパも頑張る。他の8天達も頑張る。

みんなの力が重なりあって、きっと良くなると・・・・


心の底から信じていますぴかぴか(新しい)




2ワールド牧場 4271のコピー.jpg





    人気blogランキングへ
         上
  全員の力を合わせれば、小さな力も大きな力に・・・
  そして大きな希望に変わります。
  今日もポチっ揺れるハートと応援宜しくお願いしますぴかぴか(新しい)






ニックネーム わんママ♪ at 22:29| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする